車を買い取ってもらう時に気を付けるべきことは、悪徳業者と売買を行

以前、顔見知りの中古車を扱っている業

以前、顔見知りの中古車を扱っている業者の方に、12年乗った愛車を下取りのため見てもらいました。

ほぼ廃車同然だと言われてしまい、価値があるのかどうか不安でしたが、3万円で下取りしてくれるということでした。
あとで、その車は修理したのち代車などに使われという話です。

私が知る限りでは、実際の査定では、業者の多くが、まず走行距離をチェックするようです。中古車査定における最も重要なポイントは走行距離なんだそうです。



10万キロオーバーの車でも、問題なく売れるのかというと、その車によって異なりますが、なかなか困難なことです。しかし、需要の高い軽自動車やマニアが欲しがるような、レアなものなら、査定結果が上がることも、もちろんあるでしょう。
車の売り買いをする際は、さまざまな出費が生じるということに気を付けなければいけません。



車を業者に売る時にも、手数料は発生します。

業者との交渉が始まったら、車本体の買取金額以外に、生じる手数料の金額も確認しておいた方が良いでしょう。