一般的に事故車というのは、交通事故などで損傷したもの

車の査定後、契約の後で減

車の査定後、契約の後で減額された、もしくは車を引き取った後に減額してきた、という話などブログなどで見る事があります。


一般的には、車の引き取り後には取引をしないというのが常識でしょう。


売買契約書に判子を押してしまう前に、現在と取引後の価格に違い(減額)があるのかどうか、正当な理由によって減額する事になったのかなどで相手に求められる対応は変わることになります。しかし、どうしても納得できなくて許せない、という場合などは買取キャンセルをして、一度取引を白紙にしてしまうのも効果的です。一般的な普通の中古車なら車の買取に出して高い価格で売ることもできますが、事故を起こした自動車となると引取りして貰えるだけでも十分とお考えになるかもしれません。ですが、近年では事故車でも一括査定でいくつかの買取会社に査定をしてもらうと、意外に高い値段で買い取ってもらえる可能性もあるのです。車の修復歴があれば、それは査定において大きなポイントとなります。
車の骨格修理や交換をしたことがある場合は、評価がとても下がります。

しかし、評価が下がるからといって、それを隠してもすぐにわかるので、嘘はつかないようにしてください。隠したり嘘をついたりすると印象を悪くしてしまいますから、正直に話しましょう。