自分が乗っている車を査定に出すと、どんな値段がつくか知っておきたい

車を買い替えるときは、ディー

車を買い替えるときは、ディーラーに下取りに出す人が多いようです。ディーラーは「下取り価格は、勉強させていただきます」と言いますが、本当に1社の言い値で良いのでしょうか。

手間かかるのはいやだなと思う気持ちも多少はあるかもしれませんが、処分しようという車の年式や車種などによって車買取業者での処分も、検討する価値はあると思います。うちでは妻が買い物用の車を買い替えるとき、僕は「下取りはちょっと待て」と言って、買取業者に声をかけてみました。



そしたら、買取会社のほうが高かったのです。あの下取り価格を提示したディーラーさん、ある意味ツワモノだと思いました。
2つの業者のうち片方は現金買取りと言うのも魅力でした。現金を持ってディーラーに行き、さっそく新車の頭金にあてました。
さすがにその時は、知らないと損をしているなあと思いました。


車を売る場合には書類を色々準備する必要が出てきます。
その中でも、自動車検査証、要は車検証は、とても大事な書類です。


そのほかにも、自賠責保険証明書や自動車税納税証明書、印鑑証明書、譲渡証明書などの書類を用意しておくことが必要になります。



そのほかに、実印も必要となるので、予め準備することが大切です。

車を高く買い取ってもらうなら掃除やメンテナンスも大事ですが、一番大事なのは見積りです。

面倒だなと思っても、同業他社に競合させて見積りをとるのが一番良い結果が出ると思います。
割とあるのが「うちなら価格」ですね。

「いまなら」「うちなら」「私なら」のバリエーションがありますが、あとで別の会社の見積りをとると、やっぱり「営業」だったんだなとわかります。あと、「どこでも同じですよ」の畳み掛けもあります。どこも同じなら別に他社の見積りを取っても問題ないはずです。

というわけで、もう1社いきましょう。競合見積りであることを伝えると、値付けも変わってくるでしょうから、納得がいく価格を提示してきた会社を見つけることが大事です。一括査定サイトに登録しているなら「他社にもお願いしているから」で断る業者はいないと思いますよ。